11/3/11 麺バカ息子 徹

2011.03.13 02:35|その他のラーメン・つけ麺
書くか迷ったが
自分の記録のために残しておこうかと。



今回の東北大地震…大惨事になってしまっています。
正直、日本でこんなこと起こるなんて思ってもみなかった。



阪神大震災の時は、自分まだ8歳。
小学校から帰って来て、親が大慌てで親戚に電話してる記憶しか無いんです。



地震の時は、会社で仕事してまして。
9階にいたため、崩れたら終わりだな…と、机の下に潜りながら覚悟。それくらいデカかった。。
PCやら棚やら、ドタバタ倒れて大変な状況。
ちょっとしてから窓の外見れば
お台場から黒煙上がってる・・・。
東京湾沿いのビルのため、津波が怖くて外にも出れない状況。
そこへ第二波。


幸い、自分も周囲の人も怪我等は無く。
家族に連絡したところ、全員無事とのことで。
余震が続くなか、17時ごろに帰宅指示が出たので、とりあえず帰ることに。



一応、駅に向かったみたが、当然のごとく電車はストップ。
タクシーも長蛇の列。
そもそも、車の進行速度より、徒歩の方が速そうな渋滞具合。

ということで、徒歩での帰宅を試みる。



京浜東北線 浜松町~鶴見間。電車なら20分ちょいの距離。
やはり徒歩ででも帰ろうという人が多い。
道は人の大行列。車道(第一車線)にもずらっと歩いてる。
大きい交差点では、警官が交通整理していたけど、、
『赤信号、みんなで渡れば怖くない』なんて言葉、
こうゆう状況で生まれるものなんですかね。



15号線をひたすら真っ直ぐ横浜方面へ。
1時間弱で品川を通過。
ここもバス停やタクシー乗り場は凄いことになっていた。


平和島の駅を過ぎたころ
「暖々」の横を通過。
直系二郎がほぼ休業する中、ココは営業してました。


2.5時間くらいで京急蒲田まで来る。
だいぶ空腹だったので
ダメ元で商店街へ入って行ったら
やってた


P1030805.jpg

麺バカ息子 徹

20時到着。待ちなし、空席1つ。

ちょうど1席空いていたので、すんなり着席。

女将さんに、「もう電車動いてるんですか?」
と聞かれ、浜松町から歩いてきたこととか、いろいろ話て待つこと10分弱。


P1030804.jpg

鶏塩つけ麺(800円) 大盛(サービス) 味玉(サービス)

去年のゴールデンウィーク(だったかな)に限定で出てた鶏塩
蒲田に移ってから、レギュラー化されたようで。

塩っぽさというより、鶏油が効いたもの。
トッピングがユニークで、筍・求肥・鶏団子・柚子。
さらに、写真ではちゃんと写ってないが
味変用の鶏レバーペースト/ジンジャーペーストが付く。

鶏レバーはちょっとクセがありますな。
生姜の方は、スッキリしてるので終盤に良い。


総評:★★★★



「鶴見まで、お気をつけて」と送り出され
残りの蒲田-川崎-鶴見を
1時間半ちょいで歩く。


ようやく自宅へ。
よかった、エレベータも動いてる。
9階なので、階段で上がるなんてことになってたら…。


水槽にいるペットが心配だが
恐る恐る、自宅ドアを開ける。

目に飛び込んだのは
床に散乱する食器の破片。

水槽は無事。
というか、皿1枚・グラス1つの被害のみで済んでいた。



テレビつけて
事の重大さを初めて実感(携帯の電池が切れてたので)


仙台は何度か旅行したし
茨城の大洗の方に、親戚もいる。


悠長にラーメン食べてる場合じゃなかった。。
(親戚は無事でしたが)



地震から1日半たってますが
いまだに余震が続いてます。
何が起こるか分かりませんから
皆様、備えはしておきましょう。
スポンサーサイト

Comment

いつも拝見させていただいておりました。

ご無事で何よりです。
今回ほど、皆一致団結して助け合っていくことの
大切さを痛感した事はありませんでした。

コメントありがとうございます。

全くの同感です。
自分が協力できることなんて、節電くらいなものですが。。
被災地が早く落ち着いてくればと思います。
非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

ken

Author:ken
基本は小豚+野菜+ニンニク

ラーメン二郎を食べ歩くブログです。

【Link Free】
面倒ならいいんですが、リンクされる際はご一報いただけると嬉しいです。

【Twitter】
フォロー・ミー!


最新記事

FC2カウンター

~お勧め商品~

【送料無料】サントリー黒烏龍茶350mlPET(24本×3ケース)

価格:8,466円
  定価より3000円もお得!



最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ページトップへ